BMST2017その11、トライアル最終日。

グーグルマップで検索したらウチからボンネビルまで1万キロ離れてるんやって。
遠い遠いと思ってたけどもそこまでとはね!
1万キロ。想像もつきませんな! ほぼ飛行機やからね。

母を訪ねて三千里。って子供の頃好きでね。
1里が4キロとしたら12000キロ。 
偉いね! マルコは! 
歩きやからね~。

ピンボケさせてしまいましたね。



d0149307_19211528.jpg

最終日の朝日。
ふと準備してた頃を思い出しました。

途中何度も心が折れそうになりました。
バイクを作っている最中もただただ不安しかなく。
経験したことのない場所、環境、速度。それをどうにも消化できず。
バイクを作るのがこんなに不安でつらい事なんてこれまで1度もありませんでした。

店の中で一人で大声出してたのを見られたこともあったな~。
(これは恥ずかしかった。)
眠れない日々、寝てもすぐに目を覚ます日々。

そんな中でもスポンサー様や協力してくれる人たち、お客さん。
一緒にここに挑んだ松村さんや久保君がいなかったら…。

ここに来るまで、そして来てからも。
本当に人に助けられる日々。

ここに来れた。
そして走った。

本当に幸せな日々を送れていたことを実感しました。





↑奥くんがバンの中からとってくれた動画。
最後の1本へ向かう小生です。


d0149307_19401702.jpg


ここまでの手ごたえとしては無事に修理できている様子。
前日の修理ついでに45のスプロケットを42Tに変更してる。アプローチエリアは十分にあったのでトップスピードも伸ばす作戦。



d0149307_20282301.jpg


さわった箇所が多いので増し締めやチェーン、ホイールのチェック。



d0149307_20312498.jpg


今日も日が強い。
そろそろ出番です。


d0149307_20364687.jpg

最後のチャレンジ。
大切な1本。
昨日の。いや、これまでサポートしてくれた皆へ、日本で応援してくれている皆への最高の1本にしたい。
そしてここに来た自分のために!

コースに向かってゆっくりと走り出します。
100メートルくらいあるのかな?いつものところで直角に折れてコースに入る。
アプローチスタートの旗の20メートルくらいのところでスロットルを握り直し、足元、ポジションの確認。

よーっし!いったれーーーー!!!!!

気持ちとは逆にゆっくりとスロットルを開けていきます。
燃調もいい感じ。
コースも十分読めてるし車体も安定してる。

ギア比が変わった分次のシフトアップまでの時間が長くなる。
冷静に、シフトランプが点灯するのを待ちながらフルスロットル。
ただひたすら一直線に進むことに集中する。

エンジンは驚くほどに順調に回転を上げていく。
トップギアへ。
高速で近づいてくる計測スタートのライン。

ライン通過!

トップギアでのシフトランプ点灯を待つ。
ほんの数秒の時間がとても長く感じられる。

まだか?

そのとき!!!!

ばぶーーーーーーーん、ぼろんろんぼぼぼんぼぼぼぼーーーーー。

きちゃったか~。昨日とおんなじだわ~~~~~。
計測区間半分もいかずエンジンブロー。

瞬間、昨夜の皆の顏が一人ずつ鮮明によみがえる。

すまん、申し訳ない!
やりきれない気持ちでいっぱいになった。

がががががが!
不思議なもんで小生自身の気持ちは晴れ晴れしたものがあった。
人に対しては答えたかった。それが出来なかったことは悔やまれる。けども俺はこの5日間を真っ正直に精いっぱい戦った。

最後の最後でレコード更新!

そんなのTVの中の話でここにはない。競技。人間。バイクという機械。そしてここはボンネビル。
それが現実だ。

多分その現実をまざまざに突き付けられたのも心地良かったのではないか。

時間を置いた今だから少しあの時の気持ちが冷静にわかる。

この過酷な5日間。
想像以上に過酷なボンネビル。
それに向き合い、やりきった感。
苦いながらも本当に充実した感情でいた。

だから残りのコースをとても楽しんだ。
初めての挑戦で走った最後の場面を脳内に刷り込みながら走った。

ピットへの帰り道はとても長い。
毎回色々な事を思いながら帰った。これまではトライアルの事、バイクのことばかりだった。今回一番に頭に浮かんだことは家族の事でした。
一人一人の笑顔が鮮明に・・・。

そして次に思ったこと。


こりゃあ、1回じゃ終われねーな。



d0149307_21510172.jpg

小生がピットに戻るとスティーブが待っていてくれました。
ヘルメットを脱いだ瞬間彼はこういった。大きな声でね。

『NEXT!』




最後の記録は81.207マイル 時速130.41キロ。
という事で今回の小生のベストリザルトは。

区間平均時速。
136.845マイル=220.320キロメートル
最高到達時速
150マイル=241.500キロメートル

僕のナックルヘッドは本当によく戦ってくれました。
ありがとう。

1か月以上たとうというのにいまだ結びの言葉が思い浮かびません。
きっと、結ぶな。って事だと思います。

次の挑戦がいつになるかわかりませんが。
その時につながる毎日を過ごしていきたいと思います。

直接ご挨拶したい方、たくさんいるにもかかわらずまだ出来ぬまま。
大変失礼ではございますがこの場を借りてこの非礼をお許しください。


何度申し上げても足りませんが、応援してくださった皆様。
心より感謝申し上げます。

ありがとうございます。
決してこの火を絶やさぬように。


d0149307_22140989.jpg


d0149307_22165768.jpg



d0149307_22143468.jpg



インディアンオレンジ モーターサイクル
小田浩司 
                                                  



2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART
CYCLE WEST
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-10-07 22:22 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

BMST2017その10.トライアル4日目3/3.

ボンネビルにやって来て4日と半分を塩の上で過ごしたわけで。
車検の日を入れれば5日と半分。
太陽が昇る前から沈むまで。
ただひたすら自分のバイクと速度に向き合う日々。

狂ってますな!

4日半ここで過ごして7本のトライをしました。
これから6本目。
さてどう出ますでしょうか!?

写真の彼は4マイルスターターのジョンさん。
小生のバイクをずいぶん気に入ってくれた様子。

4日目、3本目の待ちをしているときに突然話しかけてこられまして。
彼が言うには。(通訳HRD 田村さん。)

今まで君たちを見てきたが本当に素晴らしいチームだ。
それぞれがやるべき事がわかっているし、助け合ってトライアルに挑んでいるのがよくわかる。
それにソルトも汚さない。
また必ずここに戻って来てくれ。
良い走りを期待しているぞ。


d0149307_20323177.jpg


これを聞いた皆はおしっこが少しでたと思います。

帰国してからインスタやFBでジョンさんとつながって。
実は彼は写真家さんとの事で。彼が撮った写真を数枚送って来てくれました。


d0149307_20544820.jpg

d0149307_20552025.jpg

d0149307_20554299.jpg

ジョンさん。
素敵な写真ありがとうございます。



d0149307_21041879.jpg

この回、チェックされてたはずなのにリストの番号がないよ!
このままじゃ走れないよ!
なんて少しごたごたしましたが田村さんのフォローで何とか回避。



d0149307_21094304.jpg

相変わらず晴れたり雲ったり。

d0149307_21120166.jpg


d0149307_21124779.jpg

さてまいろう!
メインジェットを#70から一つ落として#68。

チョットここで話を換えます。
ある質問がありまして。

1550㏄もあるのに何でメインジェットは#70なのですか?
ノーマル排気量の僕のシャベルでも#76なのに。

答え。
ボンネビルは標高1280メートルのところにあるのです。
そこそこ高い山の上と思ってもらってかまいません。しかもそこに寒暖差、強い日差しによる気流の変化など厳しい状況。
低地よりも酸素濃度が薄いためジェットを絞らないと全く走れないのです。

燃料が燃やせないのでもちろんパワーも落ちます。吸排気チューンくらいのハヤブサなら250キロの時速が出ればいいとこなのです。
300キロ出るバイクがここではそれくらいなんです。
そんなとこでも230キロ辺りで走れるバイクを作れたこと。ちょっと想像してみてくださいね。
しかもカウル無しで(笑)

脱線しました。
戻します。

さて、前回と同様にスタート。
コースインの前に一呼吸。
やるべきことを復唱。
アドレナリン発射。
でも冷静に。
スロットルを握りなおして。
足元の確認ができたら・・・。

行ってきまーーーーーーーーす!

前回よりも格段にエンジンの回りが軽い!
回転の軽さに少し面食らう。スピン気味のRホイール。

3速に入ればしっかり落ち着いてきた。
スロットルが壊れそうなくらいに絞り上げる。
4速入った!
両ひざでバイクにしがみつきヘルメットをタンクに押し付ける。
昔は1ミリでも身長が伸びたかった。
でもこの瞬間は1ミリでも小さくなりたい!

計測スタートの旗が近づく。
タコメーター無いからナー! 今4速何回転?
車速は伸びる。
旗くぐった!
と同時くらいにシフトランプが再び点灯。

あと1400メートルくらいはあるな~。
このまま全開は危険?だよな・・・。
多分今6000回転くらい。
6500までは行っても良いと思うが・・・。

スピードメーターに目を。
145マイル(233キロ)!
これ!まだ行けそう!!!
とにかくバイクに身を隠す。
前方の視界は直径5センチメートルくらい。いいの!行先さえ分かれば。

計測エリアの半分を超える。
多分もうエンジンは限界近いはず。
スピードメーターは・・・。

150マイル(241キロ)!!!

マジか?ナックルヘッドのくせに(笑)

う~~~~む、このまま行こう!
早く6マイルの旗が見たい!

とその時!

ばばばんばばばんぼぼヴぉヴぉんぶんぶんぶん\\\\\。

突然に単気筒になってしまった小生のSPEED ADDICT Ⅱ・・・。

バルブかピストンやってしまったな~。
ともかく1シリンダーでも早く計測エリア抜けないと。

何とかスロットルをコントロールして計測終了。
単気筒の情けない音を引き連れてピットに帰る。

つらい・・・。

ピットに戻るとなぜか皆が笑顔の拍手。
手渡されたレシートには136.845マイル。

途中で壊れたにもかかわらず記録更新!
区間平均時速220キロ。

壊れなかったら?
と同時に回し続けてしまった自分を少し恨む。

とはいえここでグズグズしても仕方がない。
こんなこともあろうかとスペアのパーツは持って来ている。
小生が少し休んでいる間にカズボーンが見てくれた感じだとバルブの損傷のよう。
それならば4時間くらいあれば修理可能でしょう。

明日の1本にもう一度かけよう!

そうなればここに長居していても仕方がない。
トットと帰って修理すっぺ!


d0149307_22213854.jpg


帰りにインターミディエイトによるとちょうど松村さんのスタート前だった。
実は松村さんが走るのをまだ見てなかった。スタート地点違うからね。


d0149307_22234126.jpg

d0149307_22244435.jpg

こんな顔になれるのなんて人生で何度あるだろうね。
それだけでもここに居る意味があると思いました。


d0149307_22314666.jpg

いつものパーキングで。
カズボーンと奥くん、ホンマありがとう!


d0149307_22340181.jpg

見事に締まりのないEXバルブ。
バルブ同士がヒットしてますがな。
ほぼ開きっぱなしのロングデュレーションやからな。


d0149307_22355886.jpg

その後、スティーブも駆けつけてくれて。

d0149307_22371268.jpg

ゆーても楽しんで作業してますわ(笑)

d0149307_22392813.jpg


d0149307_22405338.jpg

完了!
しかしなー、バルブガイドにもクラック入ってた。そこはどうしようもないからそのままに。
明日1本だけ持ってくれ。1本だけ持ってくれればそれでいいから!

皆の気持ちが入った分だけ早く走れそうな気がした夜でした。


d0149307_22434129.jpg

明日につながったことに感謝!
ここは一人じゃ闘えないところ。
ここに一緒にいた人たちの顏を忘れることはないでしょう。





2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART
CYCLE WEST
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-10-01 22:51 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

BMST2017。その9、トライアル4日目。2/3

時速220キロで走ると計測エリアの1.6キロメートルは26秒くらいで走り抜けます。
時速300キロだと20秒足らず。

人生のほとんどの時間をたったそれだけの時間にかけるために皆ここに集まります。
バート・マンローが言ったように『5分が一生に勝る時間がある。』
本当にそんな場所だと思います。

北欧からきているレコードホルダーに言われました。
『最大の努力をしたうえで全てを味方につけないとここでは勝てないよ。』

GOD OF SPEED。本当にに居るのかもしれませんね。

さて、4日目の2本目。
はるばる極東の島国からやって来た我々、そろそろ仕上げの時間としたいと思います。

とはいえ、小生のギラつく心情などキレイさっぱり飲み込んでくれるソルトフラッツでありました。



d0149307_14574911.jpg

草履履きのドラえもんが近づいてまいりました。
彼女が言うには。

1.どこから来たの?
2.そのTシャツはどこで買ったの?
3.あなたのレーシングスーツはめちゃめちゃKOOLであるがどこの製品だ?


d0149307_15272511.jpg


聞くところによると、ヘアメイクのお仕事をしているようで、その辺のことが気になって仕方がないと。

小生:日本から来たのだが、日本知ってる?
ドラミ:しっとうくさ!
小生:Tシャツは俺の店のオリジナルだし、スーツもデザイン起こして作ってもらったんだよ。
ドラミ:やるでねーか!どこで作ったよ?

などなどなのでMR,Gさんとスーツを作ってくれたHEAD WAYZさんのHPを伝えておきました。
あと、Tシャツ欲しい!と言われるのでクロネコの代引きで送ることにしておきました。

アメリカにクロネコの代引きがあるかどうかは知らんけど。


d0149307_15111938.jpg

そんな間に小生のバイクを気にしてくれてたのが彼女の彼氏。


d0149307_15163298.jpg

彼のバイクはこのマチレス。


d0149307_15165681.jpg

HOT RODな兄貴なわけで。

d0149307_15183870.jpg


リックさん。
来年はインディアンのスカウトで走るって言ってた。
相変わらず会話はうまく行かないんだけど通じ合うものがあった。

バイク見ればわかるよね。


d0149307_15264535.jpg

着替えてきたドラミ。
なんちゅーシャツ来てんだか(笑)
似たものカップルというところやね。素敵っす。

d0149307_15323641.jpg

この時期になるとそれぞれに何かしら故障が出てくるもので。
この後、パイロットでもある白いTシャツのオヤジが切れだす(笑)

そこじゃねーって言ってんだろーがー!!!

って。


d0149307_15340584.jpg

d0149307_15343244.jpg

このおじさんが扱っていたエンジンはバイクとしては見慣れなかったので。
聞いてみると『富士だよ。』言ってました。

あー、スバルか! 車のエンジン積んでるのね。

しかしこの日は晴れたり曇ったり。
雲があるうちは過ごしやすいのですが、晴れると完全な両面焼き状態。
上下する気温に合わせるのが大変すぎます。

そんな中でもこのお父さんは日陰も日向も気にせず黙々と整備していた。


d0149307_15392932.jpg


d0149307_15395498.jpg

着々とトライアルは動き出しました。



d0149307_15483943.jpg


そろそろ自分スイッチを入れますかね。


d0149307_16151592.jpg

d0149307_16163886.jpg

行って来ます!

これまでより少し大回りしてコースに入る。
コースにまっすぐバイクを向け一呼吸。興奮、緊張、冷静のバランスをとる。

スロットルを握り直しスターット❕

シフトポイントは5500回転。
1速、2速で少々スロットルコントロールがラフになりリアタイヤが空転、グリップを失いそうになるがスロットルを合わせながらバランスを取り直す。冷静に体をコントロールせねば!

次のシフトランプが点灯するまで我慢のフルスロットル。ほんの数秒?10数秒?の時間が本当に長く感じる。

増していく速度に体がなにかの行動を求めてくる。
多分、怖いから何かをして紛らわせたいのだろう。しかし今はただランプが点灯するのをじっと待つ。

3速のシフトランプ点灯、4速へ。
計測スタートの5マイルの旗が見えてくる。GPSスピードの針は125マイル(200キロ)あたり。

5マイルの旗を通過、計測開始!
旗を超えて少ししてシフトランプ点灯、5500回転のはずなので後しばらくは回転をあげても良いはず!

あとはこのままマシンをコントロールしまっすぐ進んでいくのみ。
精一杯体をバイクに寄せる、ほんの1ミリでも良い。少しでも大気に逆らわない姿勢を取る。

路面は相変わらずギャップだらけ、ガソリンタンクに押し当てたヘルメットのアゴは常にガチガチと打ち上げられる。
軽く脳震盪になりそうである。

恐怖?

不思議とそんな中でも頭は冷静な様子。
速度が上がるにつれ視野は狭くなっていく。けども逆に路面の状態や路面と空の境界線がはっきりと見えてくる。

大地と大気の隙間を切り裂いていくような感覚。

はっきり言って、めちゃめちゃ気持ちが良い!

そうして6マイル、計測終了の旗を通過。
スピードメーターの針は145マイル(233キロ)。

バイクにへばりつきだった体を少しずつ上げていく。思いもしなかった風を体が浴びて自分が走ってきた速度を改めて実感する。
徐々にスピードを落とすにつれて只々広いソルトフラッツが再び目の前にあることを実感した。


コースを抜けてそのままピットに戻る。
ここでようやく次への組み立てが思いついてくる。

AF計は14辺りだったのでもう少しジェットを落とせば記録は伸ばせるはず。
まだ伸ばせる!

ピットが近づいてくる。
ピットにいるみんなが笑顔で迎えてくれた。久しぶりのこの感覚!

手渡されたレシートの記録は132.774マイル。1マイル平均記録213.766キロ。

パーソナルベスト更新!
ようやく前進!


d0149307_17500249.jpg


キャブと燃料の交換が吉と出ました!
長いトンネルを抜けた僕たち!

うれしい!


データロガーによると高回転時の燃料は少々リッチでした。
けれども今までにない最高の状態。このままの勢いでもい1本走りたい!
なので休憩もそこそこ、そのままプレステージエリアへ向かうこととしました。
ジェット交換なんてどこでもできるからね。

それでは今日はここまで。
この日最後のレポートはまた次回にて。

ありがとうございました。










2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART
CYCLE WEST
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-09-26 18:24 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

BMST2017。その8。トライアル4日目。1/3

ボンネビル ソルト フラッツ。
正しくは、ボンネビル ソルト (むちゃくちゃ遠くから見ると)フラッツ です。
うちの子が通っている学校の運動場の方が100倍フラットでございます。

さてさて。
トライアルも後半戦に突入します。
4日目。

この日は本当にでっかい1日となりました。

前日の途中中断、列に並んでいたのに中断。
また並びなおし? と思いきや。
前日の順番が次の日にも生きているBMST。
昨日、走れなかった人は優先的にステージエリアに入ることができます。

ありがたや!


d0149307_22081380.jpg


昨日の嵐なんてどこ吹く天気。
午前から灼熱のなかで待ち時間。


d0149307_22092213.jpg

ピート・ヒルさん。


d0149307_22100083.jpg

ソルト・シェイカーの皆さん。

ナックル・フィーバーになったこの日の1本目。

スレージエリアにて。
スムーズに小生の出番が近づいてくる。


d0149307_22134654.jpg


スーツに着替え待っているとアメリカン・ビューティーが近づいてくる。


d0149307_22163499.jpg


もう一人増えた!
『熱いでしょ?頑張るのよ!』
なんて感じで小生に日陰を作ってくれます。なんて優しい人たちなの!

『何で走ってるの?』
って聞いたら。
『あたしのはトライアンフ、私のクラスのレコードは200マイル超えているから自分のじゃレコードには勝てないわ。でも、ここに並んでいる人たちの中じゃ私のが一番ね!』
なんてアメリカンジョークを言ってくれるので、

『じゃあ、俺の貸してあげるから1等賞取ってきなよ!』

と言ってあげました。
彼女は私に恋をしたようです。
ちなみに隣のヒゲが旦那さんだそうです。



d0149307_22350752.jpg


d0149307_22245311.jpg


てな感じで鼻の下を伸ばしていると。
ソルト・シェイカーの人がやって来て。
『お前のナックルカッコいいからよ、このシャツにサインしてくれよ!』
なんてビックリな事を言われますので、言われるがままに小生のサインを・・・。

SWEET LITTLE MY FUCKIN' FLOG!

って書いておきました。


d0149307_22291294.jpg

d0149307_22293268.jpg


d0149307_22295088.jpg


みな今日も元気!


d0149307_22323236.jpg

さて出番。
くもって来たな~、やな予感。


d0149307_22331582.jpg

まいりましょう!


d0149307_22364788.jpg

ギュイーンっとスロットルを絞り上げ加速していくMSFFな小生のSPEED ADDICT Ⅱであります。

が~、結果は良くなく記録は104マイルまで落ち込む、今度は高回転時の燃料が薄くなりすぎての失速。
スプロケットの交換でここまで悩まされるのか?
昨日までの情報が全く役に立たなくなっていく…。

これがボンネビルなのか…?

この日がトライアル4日目。
明日が最終日なのですが、明日のトライアルは午前中まで。
という事は、明日走れたとしても1本だろう。とすれば今日が最終日と考え・・・る・・・。

何か打開策を得ねば!


d0149307_09445235.jpg

ピットに戻るとアメリカ出張中だった岡崎のMACKY'Sの牧野氏が応援に来てくれてました。
マッキーと記念写真。


d0149307_09464036.jpg

せっかくなのにゆっくりできなくてごめん。
考えを絞った挙句の打開策への対応に!


d0149307_09481546.jpg


d0149307_09484530.jpg


d0149307_09490646.jpg


奥くんと手分けしながら作業をテキパキと・・・。
※撮影協力:マッキーズの皆さん。


d0149307_09530567.jpg

策その1。キャブレターをデロルトx2からS&SのBのシングルに交換。
ジェッティングはまた1からやり直しとなるが、そこは長年連れ添ったB。こいつの気持ちはよくわかっているつもりである。


d0149307_10024499.jpg

策その2。パンツを履き替える。
(オダさんはパンツもオレンジなんですね、さすがですね~。と変な突込みをされる。)

でなくて!


d0149307_10033361.jpg

燃料を替える。
110オクタンから100オクタンのレースガスに。
ガス代はリッター450円くらい、高価~!!!

根本的な所から2か所も変更点があるのはかなりの賭け。
しかしこれは当たるはずである。
確信は・・・、有る。


d0149307_10272149.jpg
↑クリック→YOU TUBE.

プレステージエリアに到着後、コース裏の通路にてジェットの様子を見る。
インターミディエイトジェットは#31。これはすぐに決まった。
問題はメインジェット。まずは#76から始めたが予想通りこれでは濃すぎ。
ジェットを絞りながら数回走ってみる。
(ホントはいけません。あんまりやりすぎると怒られるのです。)

この時点での結論は。
#66 #68 #70のどれか?
チューナーサイドは#66を勧める、しかしそれには合点のいかない小生。

なんでか?
ここで回せるのはせいぜい4速3000回転まで。
そこまでは確かに#66でOK。
しかしこのエンジンの特性を考えると5000回転くらいから薄いほうに燃調が振って行く。

EFIならば確実にそこは詰めれるが、自然吸気のキャブレターはそうはいかない。
これまでの経験をもとに決定を出さなきゃならん。

悩む!
失敗を繰り返していい時間ではなくなっている。
これまで何度もシャーシダイナモでのテストに付き合ってくれた奥君と意見を交換し予測を立てる。

うまく行けば今日はあと2本走れる。
決断をするのは自分であるからして・・・。

よし、#70で行こう。
そう決めてステージエリアに向かいました。


d0149307_10570763.jpg

塩だらけなバイク。
ソルトガード作ってて正解だったわ。

メインジェット#70の結果はいかに?

次回をお楽しみに!









2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART
CYCLE WEST
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G
CHOPPER JOURNAL

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-09-25 11:02 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

BMST2017。その7。 ウェストウェンドバーのバーの夜。

ストームで中断。
となりました3日目。これはこれで良かったのかも。
てーのも極度の緊張状態の数日。みんなともあんまり会話出来てないし。

そんなとことも汲んでくれたんでしょうか?
スティーブがみんなでご飯食べに行こうぜ!って声をかけてくれたので、中休み的?
久しぶりに早い時間からゆっくりしました。


d0149307_22301627.jpg

去年まではBONNEVILLE SPEED WAYの入り口にあったSALT FLATS CAFEが町のちょいはずれに移転してました。


d0149307_22320368.jpg
 
メキシコ料理屋さん。


d0149307_22324806.jpg

去年行った場所では観光客くらいで閑散としてましたが。商売は場所ですかな?
ローカルな家族連れでにぎわってました。

その分『なんだこいつら?』的な視線も受けますが気にしねー。
酔っ払いが絡んできてちょっとスティーブが怒ってたけど気にしねー。


d0149307_22364163.jpg

店内にはLAND SPEED RACERのピンナップがたくさん。


d0149307_22373834.jpg


d0149307_22375738.jpg

やっぱりバートはヒーローなので必ずありますね。



d0149307_22385264.jpg
オーダーしたのは店のオーナーであると思われるパンチョおすすめのパンチョスペシャル。
5人これだったからファイブパンチョだったと思う。

味?聞くな!


d0149307_22412716.jpg

なんか久しぶりに皆でまったりと…。

走る人もサポートの人もみんな本気で戦っているのでございます。
スティーブはその辺り気にしてくれてたんだろうなー。 ありがとう。


d0149307_22442617.jpg

店の周り。

d0149307_22444730.jpg

完全にジャンクヤード。
めっちゃアメリカな雰囲気。
だって移動式の家が捨ててあるくらいだし!

家捨てるかね!

で、その後は・・・。
なにやらLAND SPEED RACERたちが集まるローカルなバーがある。とスティーブが言う。
行くか?というので。
それは行くでしょうよ!
スティーブさん、よろしくお願いします!




d0149307_22494028.jpg

だいぶやる気がない気がしますが…?


d0149307_22512496.jpg

まー!にぎわってること!!!


d0149307_22522160.jpg

d0149307_22523699.jpg


d0149307_22525047.jpg


d0149307_22530359.jpg



d0149307_22541244.jpg

店の奥の壁には。


d0149307_22551078.jpg

沢山のレーサーのサイン!

でビール頼んでたら店のおねーさんが小生に聞くのです。

ねーさん;どこから来た?
小生:ジャパンだよ。
ねーさん:お前もレーサーか?
小生:そうだよ。
ねーさん:今日も走ったのか?
小生:イエス!
ねーさん:明日も走るんか?
小生:イエス!
ねーさん:そいつはクールだ!あそこの壁にサインしていけ!

という事になったのでご好意に。



d0149307_22591331.jpg



d0149307_22592896.jpg

このサインにもまた会いに来なきゃダナ~。と思いつつサイン。


d0149307_23005788.jpg

この人も似たような気持ちで書いてたと思うけどね。


d0149307_23015567.jpg

ボンネビルの歴史を堪能しつつ。
短い時間だったけど良い休息になりました。

その後は早めにホテルに戻り早めに就寝。
したのですが…。

続きはまた次回。
ありがとうございました~♪







2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART
CYCLE WEST
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G
CHOPPER JOURNAL

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-09-20 23:10 | BMSTプロジェクト | Comments(0)