BMST2017その3。スピードトライアル開始!

現地時間17:00くらい。

d0149307_19145213.jpg

良い写真でしょ?

いやいや、現地時間17:00くらい。
だったと思う。

事件発生!
つーか、発生させてしまった。

無事に車検も通過しこの日はこれで終わり。
バンにバイクを積み込み。工具や細かな備品を積み込む。
バン後部の観音開きから車に乗り込んだ瞬間。

ゴン!!!

そのまま後ろに倒れ地面に着陸する小生。
あわてて駆けつける皆様。

『頭うったー!』

と言った瞬間から顔面が真っ赤!
流れ出す小生の血液!&血液!

だいたいにして頭のケガは良く血が出ますもんでそのうち止まるだろうと思ったのですが…。

止まりません!

血を拭いてみてもらうと5センチくらいパックリと切れているとのこと。
これは縫わないといけない傷ですね。とのこと。


d0149307_19314798.jpg
とにかく座れ!
な感じで不自然な着席をする小生。

アテンドしてくれている田村さんが関係者に近くの病院のことを聞いてくれるものの。

ここはアメリカ。
かなりの田舎町。
思いっきり週末。
なので近くの病院は全て休み。
救急病院なども無い。との事。

一番近くはソルトレイクシティーの救急病院しか無いと…。

マジか!
ソルトレイクまではどんなに急いでも2時間半かかる。
たとえそこに行っても治療してもらうにも5時間くらいは待たされる。
明日になってしまうやんけ!

困った!
なにやってんだ俺!
まずい!
本当にまずい!
出場停止になるかも。なんて情報も・・・。

しかしその時!
神が僕らの前に現れたのであった!!!

他の出場者たちはほとんど帰っていたのですが、まだ残っている人たちの中にエマージェンシードクターが居ると。
しかも、こういう事もあろうかと医療器具も持ってきている。
診てあげるから少し待ってね。

OH MY GOD!
ってマジで言ったもんね、僕ちゃん。

で、彼らはすぐにやって来てくれて。
『お、これは縫わなきゃダナ。』
『俺んとこ来いよ、今から縫ってやるから。』

なんて言ってくれるもんだから、小生もホイホイ彼らについて行くのでありました。


d0149307_19553279.png

彼の名前はサイモン。
チームはEDWARDS RACING。

d0149307_21270132.png

女性の方が小生の背中をやさしく叩いてくれてリラックスさせてくれます。
サイモンは良く効く麻酔を6本くらい打ってくれて。
痛みも全くなく、手際よく処置してくれました。


d0149307_21431343.jpg

処置後サイモンと。

d0149307_21445159.jpg

そういえば去年も彼らに会ってたんだよな。
バハのラリーにも出場しているって言ってたよな。

ほんの少しの不注意で皆さんには大変な心配をかけてしまいました。
無ければ無いに越したことはない出来事なんだけど。

ラッキーを通り越した奇跡的な出来事。
積極的に助け合おうとする姿勢。
その二つに同時に出会うことができました。

本当にここは良い所。

追記。
サイモンにお礼しようと財布を出しますと。

『お金なんかいらないよ。』
『よくひえたビールがあったらそれで頼む。』
って事だったので、うなるほどのビールを送っておきました。




2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G
CHOPPER JOURNAL

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

by iomblog | 2017-09-10 22:24 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

<< BMST2017レポートその4... BMST2017その2.車検日。 >>