2017年 10月 07日 ( 1 )

BMST2017その11、トライアル最終日。

グーグルマップで検索したらウチからボンネビルまで1万キロ離れてるんやって。
遠い遠いと思ってたけどもそこまでとはね!
1万キロ。想像もつきませんな! ほぼ飛行機やからね。

母を訪ねて三千里。って子供の頃好きでね。
1里が4キロとしたら12000キロ。 
偉いね! マルコは! 
歩きやからね~。

ピンボケさせてしまいましたね。



d0149307_19211528.jpg

最終日の朝日。
ふと準備してた頃を思い出しました。

途中何度も心が折れそうになりました。
バイクを作っている最中もただただ不安しかなく。
経験したことのない場所、環境、速度。それをどうにも消化できず。
バイクを作るのがこんなに不安でつらい事なんてこれまで1度もありませんでした。

店の中で一人で大声出してたのを見られたこともあったな~。
(これは恥ずかしかった。)
眠れない日々、寝てもすぐに目を覚ます日々。

そんな中でもスポンサー様や協力してくれる人たち、お客さん。
一緒にここに挑んだ松村さんや久保君がいなかったら…。

ここに来るまで、そして来てからも。
本当に人に助けられる日々。

ここに来れた。
そして走った。

本当に幸せな日々を送れていたことを実感しました。





↑奥くんがバンの中からとってくれた動画。
最後の1本へ向かう小生です。


d0149307_19401702.jpg


ここまでの手ごたえとしては無事に修理できている様子。
前日の修理ついでに45のスプロケットを42Tに変更してる。アプローチエリアは十分にあったのでトップスピードも伸ばす作戦。



d0149307_20282301.jpg


さわった箇所が多いので増し締めやチェーン、ホイールのチェック。



d0149307_20312498.jpg


今日も日が強い。
そろそろ出番です。


d0149307_20364687.jpg

最後のチャレンジ。
大切な1本。
昨日の。いや、これまでサポートしてくれた皆へ、日本で応援してくれている皆への最高の1本にしたい。
そしてここに来た自分のために!

コースに向かってゆっくりと走り出します。
100メートルくらいあるのかな?いつものところで直角に折れてコースに入る。
アプローチスタートの旗の20メートルくらいのところでスロットルを握り直し、足元、ポジションの確認。

よーっし!いったれーーーー!!!!!

気持ちとは逆にゆっくりとスロットルを開けていきます。
燃調もいい感じ。
コースも十分読めてるし車体も安定してる。

ギア比が変わった分次のシフトアップまでの時間が長くなる。
冷静に、シフトランプが点灯するのを待ちながらフルスロットル。
ただひたすら一直線に進むことに集中する。

エンジンは驚くほどに順調に回転を上げていく。
トップギアへ。
高速で近づいてくる計測スタートのライン。

ライン通過!

トップギアでのシフトランプ点灯を待つ。
ほんの数秒の時間がとても長く感じられる。

まだか?

そのとき!!!!

ばぶーーーーーーーん、ぼろんろんぼぼぼんぼぼぼぼーーーーー。

きちゃったか~。昨日とおんなじだわ~~~~~。
計測区間半分もいかずエンジンブロー。

瞬間、昨夜の皆の顏が一人ずつ鮮明によみがえる。

すまん、申し訳ない!
やりきれない気持ちでいっぱいになった。

がががががが!
不思議なもんで小生自身の気持ちは晴れ晴れしたものがあった。
人に対しては答えたかった。それが出来なかったことは悔やまれる。けども俺はこの5日間を真っ正直に精いっぱい戦った。

最後の最後でレコード更新!

そんなのTVの中の話でここにはない。競技。人間。バイクという機械。そしてここはボンネビル。
それが現実だ。

多分その現実をまざまざに突き付けられたのも心地良かったのではないか。

時間を置いた今だから少しあの時の気持ちが冷静にわかる。

この過酷な5日間。
想像以上に過酷なボンネビル。
それに向き合い、やりきった感。
苦いながらも本当に充実した感情でいた。

だから残りのコースをとても楽しんだ。
初めての挑戦で走った最後の場面を脳内に刷り込みながら走った。

ピットへの帰り道はとても長い。
毎回色々な事を思いながら帰った。これまではトライアルの事、バイクのことばかりだった。今回一番に頭に浮かんだことは家族の事でした。
一人一人の笑顔が鮮明に・・・。

そして次に思ったこと。


こりゃあ、1回じゃ終われねーな。



d0149307_21510172.jpg

小生がピットに戻るとスティーブが待っていてくれました。
ヘルメットを脱いだ瞬間彼はこういった。大きな声でね。

『NEXT!』




最後の記録は81.207マイル 時速130.41キロ。
という事で今回の小生のベストリザルトは。

区間平均時速。
136.845マイル=220.320キロメートル
最高到達時速
150マイル=241.500キロメートル

僕のナックルヘッドは本当によく戦ってくれました。
ありがとう。

1か月以上たとうというのにいまだ結びの言葉が思い浮かびません。
きっと、結ぶな。って事だと思います。

次の挑戦がいつになるかわかりませんが。
その時につながる毎日を過ごしていきたいと思います。

直接ご挨拶したい方、たくさんいるにもかかわらずまだ出来ぬまま。
大変失礼ではございますがこの場を借りてこの非礼をお許しください。


何度申し上げても足りませんが、応援してくださった皆様。
心より感謝申し上げます。

ありがとうございます。
決してこの火を絶やさぬように。


d0149307_22140989.jpg


d0149307_22165768.jpg



d0149307_22143468.jpg



インディアンオレンジ モーターサイクル
小田浩司 
                                                  



2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART
CYCLE WEST
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

by iomblog | 2017-10-07 22:22 | BMSTプロジェクト | Comments(0)