BMST2017レポートその5。トライアル2日目。

AM4:00起床。
体調良好。
頭?腫れてる感じはあるが出血無し。

今日はやってやる。
今日が小生の戦いの始まりであります。

3日目となればもう慣れたもんで。
さっさと準備をこなしてプレステージエリアの向かう。


d0149307_20474023.jpg

第1ナックルヘッド発見。

d0149307_20570231.jpg

EL。


d0149307_20590348.jpg

ショーティー2機。
もとはリンカートだったのでしょうね。

大きすぎやしないかと少し心配になる。


d0149307_21014224.jpg

第2ナックルヘッド発見。


d0149307_21022278.jpg


シャベルの腰下にナックルを組んである。
昔、有名なエンジンビルダーが組んであったのだそうで、40年くらい眠っていたそうだ。


d0149307_21051930.jpg

ツインプラグにオープンロッカー。

d0149307_21065980.jpg


電磁ポンプ付きでスライドバルブ2機。
攻めてますな!

RWBクラスなので記録には反映されないが130マイルくらいで走ったとの事。
210キロくらい。

リジッドフォークで。
命知らずか?と思う。


d0149307_21123685.jpg


d0149307_21130211.jpg

あ、ジョディー。


d0149307_21272612.jpg


ジョディーのお父さんがやってくる。
彼はアメリカで有名なカスタムペインターでカスタムショップを営んでおられる。

『HOW FAST?』 どんくらいの速度だ?
ここでは『こんにちは』の次に必ず速度を聞かれる。

『今日が初めてなのでわかんない。たぶん220キロは出ると思う。』と答えておく。


d0149307_21332098.jpg

『ナックルで220キロか? それはすごい。』
『それにしてもきれいなバイクだな、頑張れよ!』

な感じでお話ししまして記念撮影。


d0149307_21360963.jpg

などやってるうちに時間がやって来てステージエリアに移動。


d0149307_21371593.jpg

じわじわと緊張が襲ってくる。


d0149307_21421472.jpg


エンジンかけて。


d0149307_21430793.jpg

いよいよです。
とにかく冷静に。今からやる行動を頭の中で何度も復唱。
1本目、とにかく何もかもが不明の状態。
車体、エンジン、燃調、コース。
ともかくまずは様子見。70%くらいで行ってみようか・・・。


d0149307_21494246.jpg

スターターのグリーンフラッグが振られスタート!

ゆっくりとコースに向かい90度ターン、コースに入る。
スロットルを絞る。シフトランプがつく手前、5000回転でシフトアップを繰り返す。

事前の情報でコースの左側は比較的フラットなのでそちら側を狙う。

スピードがぐんぐん伸びて行く。計測エリアに入った!

スピードメーターは100マイルくらい。
A/F計は11あたりで動いている。
これは燃料濃すぎたな~。話になんねー。

しかしなんだ?むちゃくちゃバンピー!はねまくる車体。正直怖いっす!

あれれ?気づくとずいぶん真ん中に流されてる。
これはいかん、元に戻さなきゃ!

と思った瞬間・・・。

ドカーン!

と、音が聞こえるくらいのギャップに乗り上げる。
腰はシートから浮く、足もステップから離れてしまいそうな勢いで車体が跳ねる。

危うく落車!
すかさず腕の力のみで体を戻しバランスを整える。

けれどもこの出来事でビビリミッターが完全に効いてしまいスロットルが開けられなくなる。
あまりの恐怖でコースのどこに居るのかも分からなくなってしまった。

どれくらい走ったかわからないままコースアウト。
ピットに戻るリターンロードで家族の顏が頭に浮かんでくる。

まずい・・・。

ピットに戻ると皆一様に暗い顔である。

『小田さん何かありました?』と同時に渡されたレシート(記録)をみて愕然とし、すべてを知る。

小生の初走行のスピード記録。33マイル。時速53キロ…。

なんじゃこりゃ!? 原付やんけ・・・。

これが僕のハートに火をつけた。
情けなさすぎるぞ?
何しにここまでやって来た?
カッコ悪いにもほどがあるぞ!

もう何も考えるな!とにかく次は全開ぶっこんでやる!

A/Fのデータを奥君に出してもらいジェットの交換。
ホールドを良くするためシートに加工。
車体の状態を点検しプレステージエリアに向かう。


d0149307_23024438.jpg

悶々としながら作業してたな~。



ここは1本走るのに3~4時間ほどは待ち時間がある。考える時間は山ほどあるという事だ。
先ほどの恐怖について考える。

レースであれば必ず同時に走っている人がいる。
恐怖感は必ずつきものである。先を行く者があれば追いつこうと必死になり、追われればそれをかわすことに必死になり。それの繰り返しで恐怖を超える集中力が発揮される。
ここはどうだ?小生が走っている間はここには誰もいない。ただ一人でコースを占有し、たった一人で最高速トライアルを戦わなければならない。恐怖にとりつかれたとき、周りを見回しても誰一人いないのである。これは正直怖い。
闘う相手は記録、の前に自分である。

なんでもそうだが、ビビったら負けである。


d0149307_23070365.jpg

第3ナックルヘッド発見。

レジェンドチューナー、ピート・ヒルさんである。
今年で84歳である。
現役!

パワーをもらう。


d0149307_23114473.jpg

よし。


d0149307_23123490.jpg

d0149307_23125235.jpg

集中だ集中!

コースイン。今度はしっかり回すことにした。

シフトポイントは5500回転。1速、2速でラフにスロットルを開けると簡単にグリップを失ってしまう。慎重にスロットルを開けシフトランプが点くまで粘る。真ん中に引っ張られる車体を小刻みに修正する。車速が伸びる。


80マイル、90マイル、100マイル。A/F計も良い所を指している。計測エリアに入った直後に4速へシフトアップ。 スピードが上がるにつれ車体の縦揺れも気にならなくなってくる。お!そういう事なのか?横揺れは出ないのでこのままの縦揺れで転倒することはないと判断、スロットルを開け続ける。120マイル、125マイル、130マイル。タコメーターが6500を指したところで140マイル!


これ以上回すとエンジンがやばいかも?回転を キープしようとタコメーターをにらんだその瞬間、針が「パイ~ン!」って8000回転まで振り切れた。壊れたな~、と思うもそのままゴールへ。

体中がギシギシ言っているのを感じながらピットへ。打って変わってみんなが笑顔で待っている。レシートには126・502マイル。1マイル区間平均時速203・668キロ。GPSスピードメーターの読みで最高速は225キロ。とりあえず人並みの速度で走れることを確信。車体も戦えるようにできていると確信。


ビビリミッター解除!


収穫である。タコメーター? なかなかつらいがシフトランプを頼りにするしかない。


この日は2本目でタイムアップ。ファイナルのギア比に改善の余地が見えたので、ホテルへ戻りスプロケットロケット交換作業。それくらいの軽作業であればバン自体がワークスペースだが、頭上注意なのは間違いない。



d0149307_23230919.jpg


予測を立てながらスプロケットの設定、変更。


d0149307_23271839.jpg


 ホテルに戻り~。なんて言いますが作業スペースはホテルの駐車場。

この日は順平ちゃんもモジュールパンクがありともに作業。

駐車場での作業なんてね、10代のころ始めてバイクを改造してたのを思い出します。


内容の大小はあるかもですが20年以上やってることが変わってないな~。


さあ、明日に期待です!








2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART
CYCLE WEST
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-09-17 23:40 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

BMST2017レポートその4。トライアル1日目。

先日のブログ。
トライアル開始!
なんて勇ましいタイトルでしたが、怪我のお話で終わっちゃいましたね。
申し訳ない!

しかし~、かえって1週間たとうというのにまだ時差ボケっぽい小生。
オッサンの対応力のなさには目を見張りますな。

さてついに始まりましたBMST2017。
この日の小生。
さすがに前日の出来事のため大事を取って『今日は走らない。』って決断をしました。
トライアルは5日間続きます。
下手な無理をしてその後をダメにしたくないし、もし何かあって皆のご迷惑になってはいけないので。

サポートに徹しましょう。


d0149307_11010615.jpg

FORCE RACING。
ジュンペイ クボ オーサカ ジャパンのバンに乗り込みまして。


d0149307_11030199.jpg

サポートに駆けつけてくれたFORKの長谷川君。


d0149307_11035247.jpg

そしてFORK鋳物工場、製造担当の高橋君と。
シャッターチャンス間違えて申し訳ない!


d0149307_11054282.jpg


まずはプレステージエリアに向かいます。
左から。
ジュンペイ クボ オーサカ ジャパン (アナウンスでは常にこう呼ばれていました。)
FORKの長谷川君。
FORKの高橋君。
酒井工作所の高橋君a.k.a DPK

例年2本のコースがあるのですが、今年はコースの荒れがひどいため1本しか使えない。
1本のコースでショート、インターミディ、ロングのコースを使い分けます。

少し説明しますと。
ショート。 助走1マイル・計測区間1マイル・停止区間1マイル。計3マイル
インターミディ。 助走2マイル・計測区間1マイル・停止区間2マイル。 合計5マイル
ロング。 助走3.5マイル・計測区間1マイル・停止区間3.5マイル。 合計8マイル   1マイル=1.61キロ

計測区間はどれも1マイル。
スタートの地点がそれぞれ違って、順番に走らせるってことです。


d0149307_11153835.jpg

電気のストリームライナー。サイドカーです。


d0149307_11162352.jpg

グレイゴーストⅡ。
小生のクラスのレコードを持っているバイク。(カウル外して)
今年はフューエルクラスにエントリー。
フューエルクラスってーの指定のガソリン以外の燃料で走るクラス。
(後ほど詳しく。)


d0149307_11190223.jpg

モトモリーニ。
日本じゃほとんど見ないよね。
なんかカッコよかった。

d0149307_11202295.jpg


PGだからプッシュロッドでガソリンなんだわな。


d0149307_11224022.jpg

アグスタ。


d0149307_11233756.jpg

d0149307_11240125.jpg


d0149307_11241902.jpg

ブロワー付きのアイアン。
去年、130馬力あるわ!
と聞いている。


d0149307_11263571.jpg


d0149307_11270133.jpg

なんだかよくわからんが、2ストを水冷にしてしまったようである。
キャブはレクトロン。



d0149307_11285231.jpg

インディアン、スカウト。


d0149307_11290961.jpg

ナンバープレートは・・・。


d0149307_11304493.jpg
うつ伏せで乗ります。
むちゃくちゃ怖いと思います。


d0149307_11315699.jpg


エンジンはヤマハのRD。
前方吸気に作り直しており、こちらもレクトロン。


d0149307_11332605.jpg
パンヘッド。

d0149307_11350674.jpg
マチレス。

d0149307_11361341.jpg

d0149307_11363442.jpg
この後、この人たちとは仲良しになる。

さてそろそろ。
プレステージで2時間待たされ。
ステージエリアで2時間待たされ。

我らのトップバッター。
ジュンペイ・クボ オーサカ ジャパンの出番がやってまいりました!


d0149307_11404289.jpg

鮮やかな青空のもと。


d0149307_11415316.jpg
思い続けたステージは目の前で。

d0149307_11424962.jpg

d0149307_11430887.jpg



d0149307_11440761.jpg


d0149307_11442437.jpg

行って来い!

d0149307_11450000.jpg

d0149307_11451511.jpg

d0149307_11455562.jpg
僕らの中で1番に走り出した久保君。
皆で見えなくなるまで、彼の姿を見つめていました。


d0149307_11491146.jpg
ピットに帰りますと。
彼が掲げた日の丸がとても誇らしげにソルトフラッツの風にたなびいていました。

ボンネビル モーターサイクル スピードトライアルズ 2017。
ついに本格始動です!

次回からは小生のトライアルを中心にお話いたします。

ありがとうございました。



2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART
CYCLE WEST
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G
CHOPPER JOURNAL

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103
北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-09-12 11:59 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

BMST2017その3。スピードトライアル開始!

現地時間17:00くらい。

d0149307_19145213.jpg

良い写真でしょ?

いやいや、現地時間17:00くらい。
だったと思う。

事件発生!
つーか、発生させてしまった。

無事に車検も通過しこの日はこれで終わり。
バンにバイクを積み込み。工具や細かな備品を積み込む。
バン後部の観音開きから車に乗り込んだ瞬間。

ゴン!!!

そのまま後ろに倒れ地面に着陸する小生。
あわてて駆けつける皆様。

『頭うったー!』

と言った瞬間から顔面が真っ赤!
流れ出す小生の血液!&血液!

だいたいにして頭のケガは良く血が出ますもんでそのうち止まるだろうと思ったのですが…。

止まりません!

血を拭いてみてもらうと5センチくらいパックリと切れているとのこと。
これは縫わないといけない傷ですね。とのこと。


d0149307_19314798.jpg
とにかく座れ!
な感じで不自然な着席をする小生。

アテンドしてくれている田村さんが関係者に近くの病院のことを聞いてくれるものの。

ここはアメリカ。
かなりの田舎町。
思いっきり週末。
なので近くの病院は全て休み。
救急病院なども無い。との事。

一番近くはソルトレイクシティーの救急病院しか無いと…。

マジか!
ソルトレイクまではどんなに急いでも2時間半かかる。
たとえそこに行っても治療してもらうにも5時間くらいは待たされる。
明日になってしまうやんけ!

困った!
なにやってんだ俺!
まずい!
本当にまずい!
出場停止になるかも。なんて情報も・・・。

しかしその時!
神が僕らの前に現れたのであった!!!

他の出場者たちはほとんど帰っていたのですが、まだ残っている人たちの中にエマージェンシードクターが居ると。
しかも、こういう事もあろうかと医療器具も持ってきている。
診てあげるから少し待ってね。

OH MY GOD!
ってマジで言ったもんね、僕ちゃん。

で、彼らはすぐにやって来てくれて。
『お、これは縫わなきゃダナ。』
『俺んとこ来いよ、今から縫ってやるから。』

なんて言ってくれるもんだから、小生もホイホイ彼らについて行くのでありました。


d0149307_19553279.png

彼の名前はサイモン。
チームはEDWARDS RACING。

d0149307_21270132.png

女性の方が小生の背中をやさしく叩いてくれてリラックスさせてくれます。
サイモンは良く効く麻酔を6本くらい打ってくれて。
痛みも全くなく、手際よく処置してくれました。


d0149307_21431343.jpg

処置後サイモンと。

d0149307_21445159.jpg

そういえば去年も彼らに会ってたんだよな。
バハのラリーにも出場しているって言ってたよな。

ほんの少しの不注意で皆さんには大変な心配をかけてしまいました。
無ければ無いに越したことはない出来事なんだけど。

ラッキーを通り越した奇跡的な出来事。
積極的に助け合おうとする姿勢。
その二つに同時に出会うことができました。

本当にここは良い所。

追記。
サイモンにお礼しようと財布を出しますと。

『お金なんかいらないよ。』
『よくひえたビールがあったらそれで頼む。』
って事だったので、うなるほどのビールを送っておきました。




2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
酒井工作所(京都)
スリーマイルズ
FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)
Mr,G
CHOPPER JOURNAL

北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことならINDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。
HP:http://indianorange.com/
BLOG:http://iomblog.exblog.jp/             
〒808-0103北九州市若松区二島4-1-43
TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com
営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-09-10 22:24 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

BMST2017その2.車検日。

真夏の終わりに米国に旅立ち。
帰ってくると秋でした。

センチメンタル・ジャーニー?

松本伊代は16でしたが小生は43歳。

昭和のトップアイドルは松田聖子ではなく、間違いなく山口百恵だと信じています。

30代にはわからんだろうな。
ま、それだけ小生がオッサンだということです。

今回知ったこと。
関西では『オッチャン』は許されるが『おっさん』は許されないそうです。


はい、本日は車検日の様子など。

AM4:00集合。ホテル前のガソリンスタンドに。

d0149307_0495249.jpg


昭和の若者の集合場所は自販機の前かガソリンスタンドと相場が決まっているのです。
(コンビニなんてなかったからね!)

なんでこんな早くに集まるのか?

d0149307_058502.jpg


この景色を見るためです。

d0149307_1033100.jpg


ライジング・サン!
初めて見たこの景色にそれぞれが色んな約束をしたんです。


d0149307_01153219.jpg

ここまでやってきた事。
たどり着いた事への喜び。
これから始まることへの想い。
胸の中がいっぱいになってくる。

みんな同じ目で見つめ、それぞれの心に新しい灯がともる瞬間・・・。

d0149307_01170521.jpg

って!おい!
写真撮ってばっかで! ロマンチック台無しじゃないか(笑)

d0149307_01183423.jpg


気が付けば、他の参加者たちも多く並んでいました。
『始まるぞ~!』
って気分が嫌がおうにもあふれ出してきます。

d0149307_01203225.jpg


カメラマンの増井さんもヒロ・小磯さんチームと会場入り。


d0149307_01284277.jpg


d0149307_01295165.jpg


d0149307_01302379.jpg

ゲートが開くまでしばしぶらぶら。

d0149307_01315298.jpg

ゲートが開いたら場所確保。
バイクおろしてー!

d0149307_01330271.jpg

ピット設営!
この辺の流れは子供の運動会の場所取りと大して変わりませんな。


d0149307_01350947.jpg

さて、問題の車検です。

d0149307_01354595.jpg

もちろん小生も並びます。
なんだかんだ言ってもインターナショナル、ナショナルトライアルのBMST。車検は厳しいです。
去年の視察で見ました。
レギュレーションに沿わないものは問答無用。
それの合致するまで何度もやり直しさせられます。
出来上がったばかりのカウルをその場でノコギリでちょん切る人。なんとかかんとか部品を作る人。
やりようもなく地団太を踏む人。

ここを通過しないと当然走ることもままなりません。
そのために何度も英語のレギュレーションを翻訳し読み返し。
みんなで確認しあって。 (ボクタチエイゴワカリマセン。)

ココデツマヅクワケニハイカナイ!

d0149307_01431069.jpg


d0149307_01433373.jpg


d0149307_01435930.jpg



d0149307_01442205.jpg

前日に駆けつけてくれたFORKの長谷川君(麦藁帽)に通訳してもらいながら、赤いシャツの車検監督さんに小生のファッキンイングリッシュを丁寧に伝えます。


d0149307_01514948.jpg

万端の備えあり、車検は1発合格!
の記念写真!

d0149307_01555124.jpg


車検も無事通過したのでコースの端っこでテストライド。
この時、初めてこのバイクに乗ったのでした。

動かしたことも無いバイクで外国のレース出場する。
アホですな!

d0149307_01581348.jpg

d0149307_01582874.jpg

とりあえず行ってみる。そろりそろりと。

とりあえずまっすぐ走るようだ。
とりあえず前に進むな。
とりあえず曲がるな。
とりあえず止まるな。

しかし、塩がふかふかでタイヤの接地感は全くないぞ。
前後浮いてる感じ。

コースはしっかり締まっているはずだから何とか・・・。 去年はそうだった。

ともかく明日から本番だ!
まずは1本目は様子見で。
感触つかめたら
全開ぶち込んでやる!

と、思っていたのですが。
あんなことが起きるなんて・・・。



もったいぶって今日はここまで。
ありがとうございました。



2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART

CYCLE WEST

酒井工作所(京都)


スリーマイルズ


FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)

Mr,G


北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことなら
INDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。

HP:http://indianorange.com/

BLOG:http://iomblog.exblog.jp/
             
〒808-0103
北九州市若松区二島4-1-43

TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com

営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-09-09 01:12 | BMSTプロジェクト | Comments(0)

BMST2017レポート。その1。

ボンネビルに行こう!
そう決めたのが2年くらい前。
本当にあっという間に時間が過ぎてしまったような。

正直な所『なんでこんなこと言ってしまったかな~。』と、なかばくじけそうな時期もありました。

何とかなる、何とかなる・・・。
何とかしよう、何とかしよう。

ただただそう繰り返していたような(笑)

まーまーまー!
ともかく、全開でソルトフラッツを駆け抜けることもでき。
皆無事に帰ってくることができました。

応援。ご協力。そしてスポーンサードしていただいた皆様。
心より感謝申し上げます。


さて、今日から時系列によってレポートさせていただきたいと思います。

8月23日。
北九州空港から出発。

d0149307_14124224.jpg


ビークルデポの奥君(左)
日本人チームPC担当でサポートしてくれます。

レース仲間のシューへーが見送りに来てくれました。

d0149307_14154861.jpg


スターフライヤーで羽田まで。

d0149307_14163324.jpg


突然LA到着!
バイクを預けているインターラインさんで受け取り。

d0149307_14173042.jpg


ロングビーチにあるAIMさんのワークスペースを借りて車両の点検と整備。

d0149307_14183369.jpg


電気担当は奥君。

d0149307_14193861.jpg


d0149307_14201775.jpg


なんだかんだやってホテルに戻る。

1日目。LA到着→インターラインさんで車両の受け取り→AIMさんにて車両整備。
2日目。AIMさんにて車両の整備→必要物資、工具の買い出し→また戻ってAIMさんで整備。

これだけやってるのに画像がない。
なんでか?

塩の上でiPhoneを無くしてしまったのです。
これが小生のやらかし第1号。

キヨズガレージのキヨさんもお見舞いに来てくれたのに…。

d0149307_14515279.jpg


プールなどあるのだが、入る暇なんてありゃーしねー。

AIMさん。ありがとうございますm(__)m

d0149307_14584725.jpg


到着してから3日目。バンにバイクを積んでウエストウェンドバーまで走る。
だいたい1000キロくらいの移動。
日本でいえば北九州から仙台くらい。
都会であるLAの渋滞は半端ない。

d0149307_152317.jpg


事故ってた。
どうやったらこんなになるのやら。 さすがアメリカか?

d0149307_1525351.jpg


田舎に入れば大陸らしい景色が続くのです。

d0149307_1520297.jpg


d0149307_15205752.jpg


d0149307_15222818.jpg


ただ問題は。
同じような景色が続きすぎるのです。

d0149307_15265647.jpg


ビバ・ラスベガス!
下品な金色のビルがトランプタワー。


d0149307_15371337.jpg


品がない。


d0149307_15284337.jpg


ヒロ小磯さんの働いているレッドロックH-Dにお邪魔する。


d0149307_15294158.jpg


広い!
ショールームだけで当店20個以上!


d0149307_15304909.jpg


ヨーロッパの名車もアルアル。
なんか隔離されてる感じもするけど。


d0149307_15315642.jpg

穴が好き。


d0149307_15323615.jpg


でまた、ひたひた走る。


d0149307_15334739.jpg


死にたくなるくらい青い空。


d0149307_15343180.jpg


あ!

d0149307_15345143.jpg

あららら。


d0149307_15354375.jpg


運転していた奥君がプレゼントをもらっちゃいました。
90マイル出てたからな~。


d0149307_15382698.jpg


d0149307_15385336.jpg


d0149307_15391719.jpg


d0149307_15393535.jpg


d0149307_15395999.jpg


アメリカ横断ウルトラクイズを思い出した。


d0149307_15404550.jpg


d0149307_15411745.jpg


d0149307_15413750.jpg


d0149307_15415776.jpg


加工せずにこの色だからな~。


d0149307_15431298.jpg


ハンドル握ること13時間。
ほとんど奥君がやってくれたけど…。  アリガトウ。

ウェストウェンドバーの街の明かりが見えてきました!


d0149307_15444345.jpg


1年ぶりのモンテゴベイ!


d0149307_15451137.jpg


d0149307_15452471.jpg


このホテルがトライアル期間中の僕らのベースになるのです。

6時にLAを出発してたどり着いたのは20時くらいだったかな。
明日は車検です。


今日はこのあたりにて。
ありがとうございました!


2017 BMST CHALLENGE SPONSORS.A-PG 1650cc
IRON HEART

CYCLE WEST

酒井工作所(京都)


スリーマイルズ


FFF スリーエフ(カスタムペイントショップ福岡県宮若市)

Mr,G


北九州、福岡、山口でハーレーのカスタム、修理のことなら
INDIAN ORANGE MORTORCYCLEへ。

HP:http://indianorange.com/

BLOG:http://iomblog.exblog.jp/
             
〒808-0103
北九州市若松区二島4-1-43

TEL:093-701-0557
MAIL:info@indianorange.com

営業時間 10:00~20:00
店休日:火曜日 第2日曜日・月曜日(第2火曜日は営業)

# by iomblog | 2017-09-07 15:23 | BMSTプロジェクト | Comments(0)