人気ブログランキング |

アクスルシャフト核心編。

先日の『アクスルポロリ事件in小国。』の続きなんですがね。

ただただの経年劣化でなるのかな?と考えておりました。

本日時間が出来たので作業してみましたのです。


ヤッパリでございます。
おかしなことが起こるには原因があるのでございます。

妻の不機嫌にも原因がありますように、バイクに故障にも何らかの原因が必ずございますね。

d0149307_2056723.jpg


アクスルが抜けません。
たまたま居合わせた常連『肌思い』にお手伝いしてもらいながらやっとこさヌいちゃって、ホイールベアリングを見ればこの通り。

グリスがグリスじゃなくなってる。

で、アクスルがぬけないって事は・・・。

d0149307_20585836.jpg


少々ピンボケですまぬ。

ベアリング破損してますね。

グリス切れ。

発熱。

ベアリング焼きついて。

シャフトに抱きついて。

サイドスラストなくなって。

ホイールと一緒にシャフトも回転。

溶接部分がチン切れて。

くるくる回ってポロリ。


と、簡単にはこうでしょうね。


タイヤ交換やホイールを外した時は必ずベアリング、グリスのチェック、交換をいたしましょう。


下手したらロックしてずっこけるぜ!


本日より、グリスアップ推進強化月間にいたします。

by iomblog | 2011-04-28 21:07 | 一般整備 | Comments(0)

<< お知らせ。 北の国から2011。 >>