人気ブログランキング |

TC109!

一雨ごとに春の訪れを感じる京子のごろ。

ん?

京子の、ごろ?

どこの京子?

かわいいの?

かわいくないの?

・・・。



ハイどうも!

全国120万の小生でございます。

ごきげんいかが?


まー、そんな春の息吹を感じ始めた今日この頃でございますな。

シーズン前に当店もバブバブ、バブってやっております。

さて本日のお仕事。

TC109!_d0149307_21361499.jpg


広島で撮ったホックスの画像加工!

ではなくて・・・。

これ!

TC109!_d0149307_21373922.jpg


むむ!

TC109!_d0149307_21375815.jpg


サンダンスのでっかいピスト~~~~~~~ン!

を!

TC109!_d0149307_21385492.jpg


こいつにインスト^ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ル!


このバイクのエンジンの素性といたしまして。

オイルポンプはFUELINGのポンプで強化。

チェーンドライブはもちろんギアドライブに交換。

カムはANDREWSの内緒のカム。

エアクリーナーはS&Sのハイフロー。

制御はTHUNDER MAXのO2センサー付きとなっております。

作業自体はそんなに大変でもないのでその話ははしょります。

一番気になるのがこのピストンを入れてどうなるのか?ってことですよね。


小生の体感、感想としまして…。

くっそ重たいダイナがめちゃくちゃ軽く感じられるようになった!ってのが第一印象。

スロットルを開けずともグイグイって動き出して、2000回転ちょい前からバビュ~~~~~って加速!

組んだばかりなので全開は避けてますが、慣らしが終わったらとても楽しみなエンジンになるでしょうね!

それと、小生が感じていたツインカムの高回転、馬力頼みの加速感。が低回転からグイグイ~~~~って押される何ともトルクフルな走りになっております。

コーナーの出口で早めにスロットルを開けるとスイングアームがよじれちゃいます。

それくらい力強く路面を蹴っ飛ばしてますね!


かといって扱いにくさはみじんもなく、7~80キロくらいのゆっくりな巡航もいたってスムーズ。

のんびり走るのにも全く問題なし。(ただ開けたくなっちゃいますが・・・。)


スムーズで力強く、のびやかなエンジンになっております。

ホントに面白い!

正直TCがこんなに面白く感じられたのは初めてでした。


ちょっと外れますがもう一つ。

時々お客さんとチューニングの話になって言われることで。

『そんなに速くなくていいんです。』

って言われるんです。

確かにみんながスピードやパワーを求めているわけではないし、それよりもハーレーらしい走りを求めている人が大半だと思います。

ただね。ちょっとめんどくさい話かもしれませんがお付き合いください。

チューニング=モアパワー、トップスピードの向上

ではないと思います。

チューニングとは日本語で調律。

目的にあった仕様にエンジンやそのほかの部分を正していくことだと思います。

ハーレーはアメリカのでっかい大陸を走ることを考えて作られたバイク。

それがそのまま日本の狭い道路にあてはまるわけがないと思います。

しかも現行車は排ガス規制、環境問題の名においてかなり去勢された仕様で世に送り出されています。


日本の道をより楽しく走るため。

自分の求めるエンジンフィールで走るため。

そんな部分でもチューニングを楽しんでもらえたら。

と、小生は日々考えております。


旧車にしろ、現行車にしろ。飽きないバイクは乗ってて楽しいバイク。

考え出せばミッション、フレーム、サスペンション。タイヤじゃ、シートじゃハンドルじゃ。と色々と尽きませんが、乗り物の面白さにおいてエンジンフィールの含める部分はかなり大きいはず。

一人でも多くの方がそこに踏み込んでくれる事を心よりお待ち申し上げつつ・・・。


小生の本日の独り言を終わります。


本日は以上!

御精読多謝!

by iomblog | 2012-03-22 22:23 | 内燃機 | Comments(0)

<< 96→109! BENCH MARK >>