人気ブログランキング |

2011年 04月 23日 ( 1 )

シリンダーヘッドOH。

d0149307_1047066.jpg


古いガイドを抜く前には暖めましょう。

d0149307_10473419.jpg


新しいガイドのサイズ決定は慎重にいたしましょう。

d0149307_10483652.jpg


プレッシャーを確認しながら圧入しましょう。
緊張感あふれる作業でしょう。

d0149307_10494533.jpg


ガイドシールに合わせてロアカラーも加工いたしましょう。

d0149307_10502258.jpg


素敵にすっぽりでしょう。

d0149307_10505111.jpg


ガイドシールに合わせてバルブガイドも加工いたしましょう。

d0149307_1051356.jpg


今回のバルブはマンレイでしょう。

d0149307_10521173.jpg


シールの材質や乗り方、エンジンの仕様、ガイド、バルブの材質に合わせてバルブガイドのクリアランスは設定されましょう。
これはリーマーという工具ですね。

d0149307_10535860.jpg


慎重にリーマーを通しましょう。

d0149307_1055770.jpg


ベイブレードではないでしょう。

d0149307_10553262.jpg


バルブシートカッターですね。
バルブシートを再生いたしましょう。

d0149307_10565289.jpg


すり合わせの画像がありませんでしたね。
バルブ突き出し量、バネレートとも正常ですね。

d0149307_1114832.jpg


ロッカーアーム。
ブッシュは交換済みなのでエンドプレイの調整をして組み立てましょう。



以上大まかなシリンダーヘッドの再生作業風景でございました。

by iomblog | 2011-04-23 11:04 | 内燃機 | Comments(2)